介護職員初任者研修の主な通学講座

介護職員初任者研修の主な通学講座には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、いくつか存在している通学講座の中でも、主な通学講座についてご紹介していきます。

 

通学講座にはどんなものがある?

介護職員初任者研修の通学講座には、とても多くのものがあります。

 

その中でも、主な通学講座を挙げるとすれば、以下のような講座が挙げられます。

 

完全通学制となると、あまり実施されているスクールがないので、以下のようなスクールとなります。

 

アイ・ヘルパースクール

完全通学制をとっているスクールは、このアイ・ヘルパースクールというところになります。

 

こちらのスクールの特徴としては、以下のようなものがあります。

 

・160箇所から好きなだけ現場実習が出来る
・完全通学制
・授業全体の3分の1までの振り替えが可能
・修了試験に合格するまで何度も補講が無料
・開講から18ヶ月間の延長も可能

 

このような特徴があるスクールとなっています。

 

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修となってからは、実習がカリキュラムからなくなってしまい、希望者のみが実習を行うということになってしまいました。

 

この事により、実習を行わずして現場に入った介護初心者の方は、実際に行う介護と、習った介護との違いに戸惑い、やめてしまうということも起きやすくなっています。

 

そんな中、アイ・ヘルパースクールでは、実習を160箇所から選び、好きなだけ行うことが可能となっているのです。

 

実習に際し、事前に不安を取り除く勉強会が行われたり、実習後には反省会も行われます。

 

実習を行うことはとても大切な事であり、実際に就職してから利用者様にご迷惑をおかけしないためにも、ぜひ受けておくべきものでもあります。

 

アイ・ヘルパースクールで実習を行える160箇所の施設では、そのまま就職できるという事もあるそうです。

 

特徴から見ても、介護職員初任者研修のスクールというよりは、一学校のようなイメージを持っていただけるとわかりやすいかもしれません。

 

完全通学制という特殊な講座となっていますので、興味がある方はぜひ一度ホームページをご覧になってくださいね。