介護職員初任者研修の合格率はどのくらい?

介護職員初任者研修の合格率はまだはっきりとは数値で現れてはいません。2013年の4月から研修が実施され、修了試験の実績もあまりないためです。修了試験は約1時間の筆記試験で、研修の講義と演習を真面目に受けていればだいたいは合格すると思っていて間違いないでしょう。

 

長期間の勉強が必要な国家試験を受験するわけではありませんので。2013年3月末まで実施されていたホームヘルパー2級講座ではこのような修了試験はなく、全130時間の研修を修了すれば資格取得ができました。

 

しかし、ホームヘルパーから介護職員初任者研修に変わり、筆記試験があることにより外国人の受講者または資格取得者が減るのではないかと思われます。外国の方も資格取得をしたい方はしっかり日本語の勉強をすることをお勧めします。

 

そして合格率100%を目指して頑張りましょう。厚生労働省は質の良い介護職員を養成するために資格取得に向けてハードルをあげたようですが、そこまで難易度が上がったわけではないのでご安心を。

 

ただし、ホームヘルパーの資格取得と同様、130時間の研修(講義と実技スクーリング)を一日でも欠席すると資格はもらえません。実技スクーリングは約20日間終日みっちり行うので、少々忍耐力とやる気は問われます。

 

私は少し前にホームヘルパー2級を取得しましたが、途中で辞めていく方も2名ほどいました。演習をしていくうえで腰痛が出て研修を止む無く諦めたと聞いています。そういう点では、まずはしっかり最後まで130時間の研修を受けることが必須となりますね。

 

もちろん、冠婚葬祭や体調不良などどうしてもやむを得ず欠席しなければならない場合は振り替え授業を受ける事が出来ます。また、著しく授業の妨害になるような行為が見られた場合には強制的に研修を辞退していただくことになると思います。

 

研修を受けてる間はしっかり体調管理をして真面目に研修を受けていれば、合格率は100%に近いかもしれません。