介護職員初任者の給料はどれくらい?

介護職員初任者研修として働く事になれば、その給料はとても気になるところでもあると思います。

 

勤務することになる事業所や施設によっては、給料にとても大きな差があることもあります。

 

ここでは、介護職員初任者研修の給料について、ご紹介していこうと思います。

 

勤務形態によって異なる

介護職員初任者研修の給料は、一体どのくらいなのでしょうか。

 

これは、勤務する施設や事業所によっても異なりますし、どのような勤務形態で働くのかという事によっても異なります。

 

まず、正職員として勤務する事になった場合の給料を見てみましょう。

 

正社員

○有料老人ホーム/正社員/夜勤有り…16万円〜22万円程度
○デイサービス/正社員/日勤のみ…16万円〜21万円程度
○訪問介護事業所/正社員/夜勤有り…18万円程度
○ショートステイ/正社員/夜勤有り…19万円程度

 

実際に出されている求人を見てみると、給料は大体このようになっています。

 

夜勤がある場合には、夜勤手当が支給されるところもありますし、残業がある際には残業手当が出るところもあります。

 

次に、パート・アルバイトとして勤務することになった場合の給料を見てみましょう。

 

パート・アルバイト

○訪問介護事業所/パート…時給1,300円程度(試用期間あり)
○有料老人ホーム/パート…時給950円程度
○訪問看護事業(障がい福祉)/パート…時給1,100円程度
○デイサービス/パート/日勤のみ…時給1,000円程度(日・祝手当あり)

 

実際に出されている求人では、このような給料となっています。

 

パートの場合でも夜勤があるところもあります。そのような際には手当が支給されるのか、しっかりと確認するようにしてください。

 

初めはパート採用でのスタートだとしても、事業所や施設によっては、半年から1年後に正社員登用制度を設けているところもあります。

 

もしも正社員登用が可能となった場合には、給料がかなり上がり、待遇も良くなります。福利厚生も充実しているところであれば、諸手当も様々なものが支給されることになります。

 

ですので、初めて介護の仕事に就くという事で不安がある方は、正社員登用があるところを選んで就職し、正社員登用を目指して働くという方法をとることもおすすめです。