デイサービスを行う上で必要な設備と運営基準

デイサービス(通所介護)の開業や運営を行うにあたり、人員基準だけでなく満たさなければならない規定が存在します。

 

まず開設しようとするデイサービスが、食堂・機能訓練・静養室・相談室・事務室を備えている必要があります。食堂と機能訓練室は兼用でも問題ありませんが、食堂と機能訓練室の合計面積が利用者1人あたり3u以上の広さが求められます。相談室は、遮断をするパーテーションを設置するなどして、相談内容が外部に漏れないように工夫する必要があります。

 

また介護サービスを提供する際に必要な設備や備品が不可欠になります。例えば、鍵付きの書庫・事務機器・感染症予防の消毒液・消火器・駐車場・送迎車両・入浴介助・レクリエーションを実施するために必要な設備などがあげられます。

 

さらには、運営基準として、通所介護計画の作成が必要になります。管理者と相談して生活相談員などが作成する流れになります。そして、介護職員の勤務体制を整え、利用者定員を越えるサービス提供を行うことは禁止されています。

 

利用申込み者に対しては、運営規程の概要・介護職員の勤務体制・苦情処理体制・事故発生時や緊急時の対応などについて文書を交付しなければなりません。利用者から同意を得たうえで、介護サービスを提供することになるのです。

 

他にも、利用者の選定によって通常の介護サービス提供地域を越えて行う場合の送迎費、長時間介護や超過時間のサービス費用、食材またはおむつなどの費用、その他日常生活を送るための物品費用については、提供する介護サービスに応じて定め、料金表などに明記しなければなりません。